軽自動車と普通の自動車の違いについて

現在多くの人が日常的に車を使用しています。
その中で最近利用者が増加傾向にあるのが軽自動車です。
小回りが効く・安い・運転しやすいなどといったことから特に女性で購入者が多いなど様々な話は聞きますが、具体的にはどういった点が普通の自動車と違うのでしょうか?
まず、軽自動車は現在の規格で長さ3.40m以下、幅1.48m以下、高さ2.00m以下、排気量660cc以下です。
これは日本の自動車で最も小さなサイズとなっています。
車のナンバープレートも普通自動車は白色ナンバーとなっていますが、軽自動車は黄色ナンバーです。
排気量が少ないということでガソリンもレギュラーではなく軽油を使用するので安くなる他、自動車を持っていることで納める必要のある税金(自動車税、自動車重量税、自動車取得税)が普通自動車よりも安く済みます。
保険料も安いので他の車よりもとにかく経費を抑えることができるのが軽自動車の大きな魅力であり、セカンドカーとして多く購入される理由の一つなのです。
但し、軽自動車にも短所はあります。
それはパワー不足です。
小さくて普通自動車と比較すると不安定な要素がある軽自動車は、荷物を多く積んで運転していると加速力不足を感じたり、振動や音が普通自動車と比較すると目立つといった傾向があります。
最近の軽自動車は大分改善していますが、長距離運転やアウトドアなお出かけに良く自動車を利用するユーザーの方にはちょっと向いていない車種であるといえます。
ガリバー 買取 流れ

スポーツカーのようなスペックで新車で100万円?その車とは。

ミドシップエンジンに、リアドライブ、2シーター、勿論ミッションはマニュアル。そしてF1に参戦していたメーカーの車。はたしてフェラーリとかの事でしょうか?いやいや、これが新車で100万円でお釣りが来る車なんです。何の事かさっぱりと思われるかも知れませんが実際ある車なんです。一見スポーツカーのスペックのように見えますがその車とは何でしょうか。

その車とは「ホンダ・アクティ」
「スポーツカーかと思ったら軽トラじゃないの!」と思われるかも知れませんが、上記のスペックに決して間違いは無いのです。御存知の通りホンダはF1に参戦していたメーカーですし、2シーターというのは軽トラックなのであたりまえ。そしてミドシップエンジン。これがアクティの売りの一つなのです。これは荷物を積まないときのトラクションの確保のための採用なのですが、その他にも本来レースなどに使用されるマシンでも使われているド・ディオンアクスル式サスペンションの採用など、軽トラとは思えないような拘った作りこみとなっており、F1などで技術を培ったホンダらしい一台となっています。それにも関わらずお値段は新車で100万円を切るモデルもあります。

ちなみに軽トラックはかつてダイハツ、スズキらがフロントエンジン、リアドライブのFR、スバルがリアエンジン、リアドライブのRR、ホンダがミッドシップエンジンにリアドライブのMRと乗用車以上に各社の考え方が出る面白いジャンルだったのですが、三菱、スバルなど自社生産からOEMに切り替えたメーカーも増えたため現在は、ダイハツ・ハイゼット(OEM含む)かスズキ・キャリイ(OEM含む)のほぼ2強状態になってしまっていますが、このアクティは唯一他社にもOEMに供給せず、そして他社のOEMに置き換わらず孤立奮闘しています。

このようなメーカーの考え方が色濃く残る車があるのは楽しいですね。
オデッセイ 買取

日産、外国人幹部が立て続けにライバル会社へ

日産の外国人幹部の中でもゴーン社長の「後継者」と目されていたアンディ・パーマー氏が、突如退社してアストンマーチン社のCEOに転身するそうです。
まさにゴーン社長にとっては青天の霹靂だったでしょうが、実は日産の外国人幹部の流出はこのところ続いていたのです。
「インフィニティ」部門の最高責任者や、広報部門のトップだった執行役員が相次いで他の自動車メーカーに転職。
外国人は会社を移る頻度が高いとはいえ、これだけ連続すると「日産大丈夫か?」と思わざるを得ません。

今回のパーマー氏退任等による株価への影響はなく、将来の経営計画も順調だとのことですが、世界的に経営能力のある人材にとっては、日産という会社は残ろうとするためのモチベーションが上がらなくなっているのも事実なのでしょう。

かつて最も演歌的な雰囲気の会社だった日産は、今や日本の大手自動車メーカーの中でも最も外資系の組織になっている、と言ったのは、依然お世話になっていたK大統領閣下。
ゴーン社長の強烈なリーダーシップでここまで変革を遂げたことで、経営危機を脱して何とか社名をつないでいる日産ですが、そのゴーン体制もそろそろ曲がり角に来ているのではないかと思いますね。クルマの会社ですから、基本的にクルマ好きのはず。根っこの部分で遡及するものが今の日産に欠けているんでしょうかねぇ。と、ちょっと偉そうに言ってみました。
日産に、日本人トップの復活は、果たして実現するのでしょうか。

豪快な走りが魅力のランドクルーザー

ランドクルーザーは、豪快な走行が可能である点が魅了である大型SUVであり、日本のみならず世界の多くの地域で人気を獲得してきた自動車として知られています。海外ではオフロードの場所を自動車で走行するシーンが多く、その目的に適した車として人気を集めるようになったのではないでしょうか。北米の険しい山道などでのランドクルーザーの活用は、当該エリアだけではなく、発売された日本においても大きくクローズアップされたのではないかと思います。
日本国内では数少ない大型のクロスオーバーとして、ファミリー層から絶大な支持を得てきました。現在においてもこのような傾向が続いているものとみられており、中古車としての人気を維持しているのではないかと考えられています。派生車種も多数登場しており、様々なタイプのランドクルーザーがこれまで販売されてきました。そのため、自動車モデルとして、ランドクルーザーの名前はよく知られているのではないかと思います。
車 買取 見積

ハリアーの買取相場はどれくらいなのか

ハリアーは、車の中でも非常に人気のある車種です。
見た目、機能性ともに、登場当時から今も尚根強い人気を誇っています。
車体が大きいことから、アウトドアにも非常に向いています。
トランクには大量の荷物が積むことも出来る為、何をするにあたっても便利な車だと言えるでしょう。

そういった人気があることから、ハリアーは買取して貰う際にも高額な値段が付きやすい車種です。
ですが、ハリアーも車の一種ですから、車種や年式や走行距離によって買取相場は大きく変動します。

ハリアーの買取相場は、直接買取店に持ち込んで査定してもらうのも一つの方法ですが、
インターネットを活用するのも一つの方法です。

買取店に直接持ち込む場合は、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要があります。
ですが、インターネットを活用する際は一括見積りなどの機能を活用することにより、お店によっての買取相場を手間を要さずに一瞬で知ることも可能なのです。

また、インターネットを活用するのは、ただただ手間がかからないという点だけではありません。
全国に共通するインターネットですから、全国の買取店の買取相場を知ることもできるのです。
お店によって買取価格は異なりますから、インターネットを活用することによって一円でも高く買取して貰うことが出来るのです。

また、ハリアーも車の1つですから、買取に出す前には車内を綺麗にしたり、簡単に直せるキズなどは直しておけば、買取価格はアップすると言えるでしょう。